manabu mishiro personal trainer

BLOG

2018年09月28日

【目黒 パーソナルトレーニング】カラダのバランスを整える自重トレーニング

こんにちは、パーソナルトレーナーの伊藤大輔です。

 

今回はカラダのバランスを整える自重トレーニングについて書きます。

 

人のカラダはいくつもの筋肉で構成されています。そしてそれぞれの筋肉の張力が拮抗しあってバランスをとってカラダを支えています。本来であれば前後の筋バランスや左右の筋バランスが同じ張力を発揮し均等に働いていることが理想的です。しかし、多くの方は繰り返される日常動作により筋バランスの崩れたカラダになっています。今回の記事ではその崩れを改善し快適に過ごせるカラダをどのようにすれば作れるのかを書いていきます。

 

ではまずどのようにして筋バランスが崩れるのか説明していきます。

筋バランスが崩れる原因は、産まれ持った先天的なものや、事故などの怪我による後天的なものを除くと、生活習慣や癖が原因となっていることがほとんどです。具体的に見ていきます。

 

 

 

普段あなたはどのように座っているでしょうか

ソファーに座りテレビを見ている自分を想像してみてください。浅く腰掛け前かがみになっているでしょうか。それとも深く腰掛けリラックスした状態でしょうか。または脚を組んでいるでしょうか。もしくは腕おきに横からもたれ掛かるような横座りでしょうか。テレビの位置はあなたの真正面にあるでしょうか。それとも左右どちらかにズレていますか。その際顔だけそちらの方を向いていますか。それとも上半身を捻るようにしているでしょうか。
20171007165719

 

 

どのような立ち姿勢をしている

あなたは今、電車を待っています。スマホを操作しています。

左右の足にバランスよく重心が掛かっているでしょうか。左右どちらかの脚に体重をかけていませんか。スマホは両手操作?それとも片手操作?スマホは顔の高さにありますか。違いますよね。多くの方のスマホは胸の高さにあり顔を下に向けた状態にありますよね。
image001-254

 

今ここによくある生活の一部を取り上げました。この何も意識せずに行っている普段の行動の中に筋肉のバランスを崩す動作がいくもあります。この他にも利き腕であったり、荷物の持ち方、まだまだ数え切れないほど筋肉のバランスを崩す動作はあります。

一番の改善策はこのようなアンバランスな動作をしないことですが、なかなか難しい、、、というより全てを排除することは不可能に近いでしょう。そこで日常生活で崩れてしまった筋肉のバランスを整えるのに最適なのが自重トレーニングです。

 

 

 

なぜマシンやウエイトを使ったトレーニングではないのか

トレーニングならマシンを使ってやってもいいのではないかと思うかもしれませんが、適している部分もあればそうでない部分もあります。ウエイトマシンは大概が軌道が決まっていて力をかければ動きます。うまく使えばこの決まっている軌道は有効にもなります。また、ほとんどものが左右同時に動く仕組みになっており片側がうまく力を発揮できない状態にあったとしても反対側の力だけでなんとかなってしまったりします。そうすると左右で力の発揮能力が違う状態でトレーニングを続けていくと片側だけがより使われるのでよりアンバランスなカラダになります。それでは左右別々に扱えるフリーウエイトトレーニングなら大丈夫ではないかと思うかもしれませんが、これは重量を扱うため余計なところまで力が入ってしまい使いたくないところまで負荷がかかってしまいます。その点自重トレーニングであればコントロールするのは自分のカラダだけ、左右も前後もバラバラにも同時にも負荷をかけることができるのでカラダを整えることができます。
column_blog0017_img01
自重トレーニングにはこのようにカラダのバランスを整える効果もあります。ただ、最初に述べたように生活習慣や癖を改善すること意識することの方が重要なのは間違えありません。

 

 

B-BODYではウエイトと自重トレーニングを織り交ぜたプログラムに加え、自重トレーニングをメインにしたプログラムもありますので気になる方は一度体験をお受けください。

               

 

 

お問い合わせはこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇