manabu mishiro personal trainer

BLOG

2018年04月19日

【目黒・白金台・プライベートジム】今流行りのエクササイズジムのメリット・デメリット

おはこんばんにちは!

パーソナルトレーナーの三代(みしろ)です!

 

最近飲みに行く機会が多く(と言っても週に1、2回ですが)、少し体重が増えてきてしまいました。
日々の食べる量も多いんですけどね。
ただ比例してトレーニング量も最近は増えているので、脂肪だけでなく筋量も増えてるかな、と勝手に都合の良い方に考えてます。

 

相変わらずポジティブ思考だなぁと思う今日この頃です。

 

さて、最近巷では様々なエクササイズジムが出来てますよね。
今回は数あるエクササイズジムから特に人気のエクササイズをピックアップして勝手に善し悪しを語ろうと思います。

 

①エアロバイクエクササイズ

 

135182
これは言わずと知れた有酸素運動の王道エアロバイクを音楽に合わせて漕いで行くプログラムです。

 

エアロバイクにまたがってペダルを漕ぐだけなので、どんなに運動音痴の方でも簡単に行えます。
バイクのセッティング(サドルの高さやハンドルの高さなど自分に合わせる作業)を正しく行えば怪我のリスクも少ないと言えます。

 

ただこのエクササイズは下半身メインなので、下半身の筋肉が発達しやすく、太ももの筋肉が肥大する可能性はあります。
また下半身を動かしたからと言って、下半身の脂肪だけが燃えるわけではありません。
脂肪の燃え方は人によって体質がありますので、太ももの脂肪だけを部分的に落とすのは難しいでしょう。
下半身が太くて気になる方は、他のエクササイズを選んだ方がいいかも!?

 

②トランポリンエクササイズ

 

156979
これは小さい1人用のトランポリンを使用し、音楽に合わせてジャンプするエクササイズです。

 

柔らかいマットの上でジャンプするので、関節への負担は硬い地面でジャンプするよりも軽減され、運動初心者でも充分カロリーを消費できると思います。
慣れてくればランニングの1.7倍の消費カロリーを見込めるというデータもあるみたいです。
またこのエクササイズは下半身だけだと思われがちですが、軸がしっかり作っていないと真っ直ぐに上に飛べなかったりするので、知らず知らずのうちに体幹部の筋肉も使われていて、全身運動と言えるでしょう。

 

ただし、やはりいくら柔らかいマットの上でジャンプするといっても、関節にかかるストレスは普段の生活に比べればかなり高いと言えます。
また反発を利用して連続でジャンプするので、その間筋肉を緊張させておかなければなりません。
ふと油断した時に膝や脊柱を痛める可能性がありますので、慣れるまでは長時間(10分以上)行うのは控えた方がいいかもしれません。

 

また上下に激しく動くので、脂肪が多く付いてる方が行うと皮が伸びたり身体のラインが崩れたり、特に女性だとクーパー靭帯(胸が垂れないように支えている靭帯)が伸びたり切れたりして、胸が垂れ下がってしまう可能性があります。
このクーパー靭帯というのは一度伸びたり切れたりすると元に戻る事はないので、胸が下垂するのが気になる方は胸を強く縛って揺れないように心がけましょう。

 

③エアドラムエクササイズ

 

158492
こちらのエクササイズは音楽に合わせてドラムスティックを激しく振るのですが、立ったり座ったりとスクワットの動作も盛り込まれているため、かなり激しい全身運動となります。

 

ただこちらもトランポリンエクササイズと同様、激しく動くため、脂肪が多く付いている方や、胸が下垂するのが気になる方は控えた方が良いかもです。

 

また中腰でエクササイズを行うフェーズがあるので、腰痛持ちの方は気をつけた方がいいですね。
現に私のクライアントでエアドラムエクササイズに参加された方がいるのですが、体験時に動きなどの詳しい説明がなく、腰を痛めて帰ってきた方がいらっしゃいます。行う際は姿勢などの説明をしっかり聞いてくださいね。

 

最後に・・・

 

全てのエクササイズで言えるのは、やはりグループエクササイズは音楽に合わせ、仲間と共有出来るという部分でも継続しやすいと思います。
そう言った意味で効果が非常に出やすいですよね。
ただ、グループエクササイズの欠点は、やはり一人ひとりに丁寧にアプローチしにくいので、正しいフォームや適正な運動強度というのが伝えづらいという点にあります。

 

色々なエクササイズが出てきている中で、効果・楽しさ・怪我のリスクをそれぞれ加味して、自分自身に合ったものを探すのがいいですね。

 

是非自分に合ったエクササイズを見つけてみてください。

 

あっ!もちろんパーソナルトレーニングも是非受けてみてください!

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇