manabu mishiro personal trainer

BLOG

2018年05月10日

【目黒・白金台・プライベートジム】オススメ!ダイエットトレーニング7選

おはこんばんにちは!

 

パーソナルトレーナーの三代(みしろ)です!

 

ゴールデンウィーク、皆さん如何お過ごしでしたでしょうか。

 

私はというと、、、

もちろん毎日仕事でした。

ただ、夜は久しぶりに地元の友人や大学の同期と飲んだくれておりました。
普段ほとんどお酒を口にしないため、もう酔っ払う酔っ払う。
日に日に身体にアルコールが溜まっていくのがわかりましたね。
しかしゴールデンウィーク最終日にスタジオレッスンがあったのが幸いしました。
1時間のレッスンで汗を膨大にかけたお陰で、1週間分のアルコールが全て抜けました。
月曜からやっと本来の自分に戻れました。

やっぱり友達とお酒を囲って語り合うのはリフレッシュになりますね。
また仕事が頑張れそうと思う今日この頃です。

 

さて今回のお題は『オススメ!ダイエットトレーニング』です。

 

痩せたいと思っている人はこの世の中に大勢いらっしゃると思いますが、どこを引き締めたいとか細かい部分は人それぞれ異なります。

 

ましてや痩せたいということを優先させるのでしたら、有酸素トレーニングが一番手っ取り早いです。

 

我々ウエイトトレーニングのパーソナルトレーナーはやはり体重、体脂肪率などの数値だけでなく、見た目の美しさも追求しているので、今回はウエイトトレーニングのオススメをご案内したいと思います。

 

『プッシュアップ』

 

3764C099-4975-44AE-86E3-D12B0039F252

 

言わずと知れた胸のトレーニングです。
やり方も皆さんご存知かと思いますが、一番レギュラーなフォームをご紹介します。

 

まず横から見た時、手は肩のラインの真下にくるようにしましょう。手幅は肘が90度の時に前腕が床から垂直になるようにします。あとは頭から踵までを一直線に保ち行うだけです。
手幅を広げると二の腕の前側が使われだすのと、胸の筋肉の負荷が強まります。その代わり可動域が狭くなりますけど。
逆に手幅を狭くすると胸の筋肉の中央部に効いてきます。ただしこれも二の腕の裏側のストレスが強くなるので、腕の力がないと上がらないかも。

 

『バックエクステンション』

 

924E9C87-4D4B-4A91-A791-0B38B27BA1D3
これは背中・腰のトレーニングです。
伏せた状態から上半身を後ろに反らせるだけです。
これだけだと腰がメインになってしまうので、更に腕の動きをプラスします。
腕を前方に伸ばした状態から、身体を反らせるのと同時に腕を後方に引きます。
この時左右の肘同士を背中側でくっつけるイメージで行うと、背中の筋肉に上手にアプローチできると思います。

 

『ワイドスタンススクワット』

 

74FEFC68-E4DB-4FDE-BBE1-9BBAC9441C11
これは太腿の前を鍛えつつ、お尻の側面と内腿も同時に鍛えるトレーニングです。
足幅は肩幅の2倍くらいの広さを目安に広げます。つま先を斜め45度くらいに開き、しゃがんだ時膝の向きをつま先に揃えます。
重心はやや踵にのせておくのですが、上半身はあまり倒さない方が、腰に優しく太腿の前側に効きやすくなります。

 

『アブダクション』

 

2BA80BE3-8BD4-4365-9E7D-CD66EA72597F
これもお尻の側面を鍛えつつ、太腿の外側を同時に鍛えるトレーニングです。
横向きに寝た状態で上の脚を持ち上げます。
骨盤が動かないように体幹に力を入れて固定しておいてください。
また、お尻に効かせるためには真横よりも少し後方に脚を持ち上げるといいでしょう。

 

『ヒップリフト』

 

01D77411-6B74-4009-87AC-79D80909CA13
これは大臀筋に効かせるトレーニングで、お尻のリフトアップに効果的です。
女性だけでなく、男性にも是非やっていただきたいエクササイズです。
仰向けになり脚を肩幅に開き膝を立てます。膝は90度よりも少し狭く、腰を持ち上げた時に膝の下に踵が来るようにしてください。お尻を高く上げすぎると腰を痛めることがあるので、注意が必要です。

 

『Cクランチ』

 

E1F1C3DC-8920-4755-82AE-AB066FBA7C61
お腹のトレーニングです。
男性はもちろん女性もお腹が縦に割れているとカッコいいですやね。
そう思っているのは自分だけかもしれませんが。。。
さて、これは手を頭に軽く当て、上半身と下半身を同時に近づけ丸くなります。
おでこを膝に近づけるように行うと、お腹の筋肉がうまく使えると思います。
上半身と下半身がバラバラに上がらないように、腹筋でしっかりコントロールしながら同時にあげるようにしましょう。

 

『サイドクランチ』

 

E78DCF83-D0AB-461F-9141-D18176E11151
最後に腹斜筋のトレーニングです。
これは横向きになり、下の肘でサポートしながら上半身を持ち上げます。同時に下半身も持ち上げ、膝と顔が近づくように丸まります。
これもお腹がまるまるようにと、上半身と下半身が同時に持ち上がるようにコントロールが必要です。
この動作がキツイと感じる方は、まずは上半身だけの動きだけやってみるのも良いかもしれません。

 

以上、7つのトレーニングを紹介しましたが、全て自重で行えるトレーニングなので、是非ご自宅でもやってみてください。

 

さぁ!夏までにナイスボディを手に入れましょう!

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇