manabu mishiro personal trainer

BLOG

2018年06月07日

【目黒・白金 プライベートジム パーソナルジム】お腹のラインを美しく魅せる

こんにちは。
b-bodyパーソナルトレーナーの伊藤大輔です。
東京は梅雨入りしましたが今日はいい天気ですね。少し前までは湿度も高くなく、日もでて過ごしやすい日が続いていましたが、しばらくはスッキリしない天気が増えるのでょうか。予報では平年より短いようですがそれでも1ヶ月以上は続きますよね。。。今日のような天気の日を大事にしたいです。

 

 

腹4それでは本題に入りたいと思います。
今日は『お腹のラインを美しく見せる!』です。
多くの方の永遠のテーマですね。ただ、そんな難しいことではなくて妥協せず取り込むことができるかできないかにかかってきます。
とは言えこの部分が1番難しかったりもするのですが。。。

まずは簡単に何をすれば良いか書きます。
① お腹まわりの脂肪を落とす。
② 肋骨を閉める。
以上2点になります。
ちょっとざっくりしすぎなので詳しく見ていきましょう。

 

 

まずは①のお腹まわりの脂肪を落とす。
当たり前だ!!と聞こえてきそうですが、その当たり前ができていないから今のお腹があるんですよ。
このお腹まわりの脂肪の落とし方については他の2人のトレーナーも書いていますので是非参考にして下さい。

 

トータルダイエットカウンセラー 大西ひとみ
パーソナルトレーナー 三代学

 

僕は少し違った観点から見ていきます。
腹筋は主に腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋で構成されています。
美しいお腹のラインを作るのにはこれらの筋肉を機能させることが大切になります。
が、、、
それでは腹筋運動たくさんやれば良いのかと言ったらそうでもありません。

お腹を美しく見せたいのに腹筋運動をやらない??

どういうこと??とお思いでしょう。普通に考えたらお腹なんだから腹筋運動と考えると思います。しかし、脂肪は腹筋運動をやったからと言ってお腹の脂肪が落ちるわけではありません。腹筋運動をやってもスクワットやベンチプレス、その他筋トレマシンをやっても、さらにはランニングやスイミングをやろうとも特定部位の脂肪が落ちるのではなくカラダ全体から落ちていきます。
これはどういうことが言いたいかと言うと、腹筋運動のようなエネルギー量の少ない運動を一生懸命行うよりエネルギー量の多いスクワットやベンチプレスその他の筋力トレーニングを行ったほうが効率的だと言うことです。
そもそも腹筋(腹直筋)は誰でも割れているものでその上に脂肪が乗っているから割れているように見えないだけです。

腹2

ではなぜ腹筋運動を行うかというと、よりハッキリと腹筋を見せたい場合に行えば良いのです。それより先に脂肪を落とすことが重要ですよ。となります。
ちなみに、誰しもが憧れのシックスパックになれるわけではありません。いっくら頑張ってもこれは変わるものではなく生まれつき決まっているものです。少し前に女性の間でアブクラックスと言って縦線を出すことが流行ってましたが、誰でもこの縦線はありますが溝の深さは人それぞれなのでクッキリです人もいればそうでない人もいます。

 

ちょっと話ずれましたが、まずは食事のコントロールと適切な運動で脂肪を落とすことを最優先して下さい。

 

続いて②肋骨を閉める。
またしても??な内容ですが、意識していないと思いますが肋骨って動くものです。

PhotoGrid_1528346608514

ちょっとわかりづらいですがこの写真の左が肋骨の開いた状態で右が肋骨の閉まった状態です。わずかな差ですが、左のウエストラインが真っ直ぐストンという感じで落ちているのに対して右は胸からウエストにかけて絞られてクビレができているのがわかると思います。
お腹を凹ませるのではなくて肋骨を閉めるのですが、これって意外と難しいことです。

肋骨を動くようにするには普段から呼吸を意識して深い呼吸をすることとそこに関与する筋肉を鍛えることが必要になります。まずは難しいことを考えずにできるだけ大きく息を吸いその空気を全て吐き切る練習をして下さい。そうすれば段々と動くようになって来ます。

 

以上のことができてくると美しいお腹ラインを作ることができます。

 

 

 

お問い合わせはこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇