manabu mishiro personal trainer

BLOG

2018年04月27日

【目黒・白金 プライベートジム パーソナルトレーニング】ちまたで流行りのエクササイズを考える

こんにちは。

パーソナルトレーナーの伊藤大輔です。

 

今日はちまたで流行りのダイエット法・トレーニング法について考えて行きたいと思います。

今、流行りのダイエット法やトレーニング法はものすごくたくさんあります。

糖質制限ダイエット、ファスティング、◯◯だけダイエット、体幹ダイエット、トランポリンエクササイズ、HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)、エアロバイク、暗闇エクササイズ、ヨガ、ピラティス・・・・etc

流行っては廃れ、流行っては廃れの繰り返しで次から次へと出てきます。はたしてこういったものは本当にダイエットやトレーニング効果は有効なのでしょうか。

82798792

ここでは一つ一つのダイエット法・トレーニング法についてメリット、デメリットを書いて行くことはしません。こういった方法全体についてぼくの考えを書いて行きます。

 

 

ぼく個人の意見を書いて行きたいと思います。正直有効なものもあればそうでないものもあります。あたり前ですね。。。笑

ではなぜぼくがその様に思うのか。それはエクササイズというものには意味があって行うものであり、誰でもがとりあえずやれば有効なものなんてありません。個人個人に合った方法で行ってはじめて効果を感じることができます。スポーツクラブなんかにいるとよく『この方法よかったからあなたもやってみなさいよ』みたいな会話よく耳にします。しかし、これってたまたまその人に合っていただけで会話の相手に合うとは限りません。

a6db98313ca32c503b88b3398b181b1654e2d39e-thumb-650x918-293

 

 

以前Youtubeを見ていると、とある人気のあるユーチューバーの方が腹筋エクササイズを紹介していました。これ自体はよくあることで、情報提供はすごくいいと思います。実際に僕らもこの様に情報発信をしているわけですから。ただ、この紹介されたエクササイズは強度の高いエクササイズでした。この強度の高い低いはさほど問題ではないのですが、このユーチューバーの方は『腰に安全なエクササイズ』として紹介しておりました。この腰に安全な理由もベンチに腰がついているからというとんでもない理由でした。確かにベンチに腰がついていますが、ベンチからお尻を落として無理やり腰をつけているだけで腰をものすごく反っています。これが安全なわけありません。そもそもこのエクササイズは通常のものも腰へのリスクが高いエクササイズの一つです。それを強度をあげて行ったらその分リスクも増すのは容易にわかります。

案の定SNS上あるいはスポーツクラブでは次の日からこのエクササイズを行う人が増えておりました。

しかし、これが安全なのかそうじゃないのかの判断は一般の人には難しく、ぼくらのように身体について勉強しているトレーナーや理学療法士などでないと分からないと思います。ただ、残念なことにトレーナーの方もこのエクササイズを同じように説明してクライアントの方にやらせていました。トレーナーでさえこのような現状ですから趣味や健康、ダイエットのためにやっている人が判断することは難しいです。

ただ、このエクササイズ自体は腹筋を割りたい人には強度が高くて有効なエクササイズでもあります。リスクを理解した上で行う、処方する分にはいいと思います。

 レッグレイズ2

これは一つのエクササイズの情報について書きましたが、これはどんなことにも言えることです。最初にあげたようにダイエット法やトレーニング法は色々あります。最新情報はインターネットを繋げばすぐに手に入る時代です。大切なのはそれが自分にとって有効なのかどうかの判断です。また、絶対に安全なエクササイズはありません。それぞれのリスクを知った上でチョイスする必要があります。自分での判断に自信がないのであれば、専門家に判断してもらうのがいいでしょう。

流行ってるからやる、みんなやってるからやるではいつまで経っても結果は出ません。そんな中から脱却したい方は是非お問い合わせください。後悔はさせません。

 

 

お問い合わせはこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年04月19日

【目黒・白金台・プライベートジム】今流行りのエクササイズジムのメリット・デメリット

おはこんばんにちは!

パーソナルトレーナーの三代(みしろ)です!

 

最近飲みに行く機会が多く(と言っても週に1、2回ですが)、少し体重が増えてきてしまいました。
日々の食べる量も多いんですけどね。
ただ比例してトレーニング量も最近は増えているので、脂肪だけでなく筋量も増えてるかな、と勝手に都合の良い方に考えてます。

 

相変わらずポジティブ思考だなぁと思う今日この頃です。

 

さて、最近巷では様々なエクササイズジムが出来てますよね。
今回は数あるエクササイズジムから特に人気のエクササイズをピックアップして勝手に善し悪しを語ろうと思います。

 

①エアロバイクエクササイズ

 

135182
これは言わずと知れた有酸素運動の王道エアロバイクを音楽に合わせて漕いで行くプログラムです。

 

エアロバイクにまたがってペダルを漕ぐだけなので、どんなに運動音痴の方でも簡単に行えます。
バイクのセッティング(サドルの高さやハンドルの高さなど自分に合わせる作業)を正しく行えば怪我のリスクも少ないと言えます。

 

ただこのエクササイズは下半身メインなので、下半身の筋肉が発達しやすく、太ももの筋肉が肥大する可能性はあります。
また下半身を動かしたからと言って、下半身の脂肪だけが燃えるわけではありません。
脂肪の燃え方は人によって体質がありますので、太ももの脂肪だけを部分的に落とすのは難しいでしょう。
下半身が太くて気になる方は、他のエクササイズを選んだ方がいいかも!?

 

②トランポリンエクササイズ

 

156979
これは小さい1人用のトランポリンを使用し、音楽に合わせてジャンプするエクササイズです。

 

柔らかいマットの上でジャンプするので、関節への負担は硬い地面でジャンプするよりも軽減され、運動初心者でも充分カロリーを消費できると思います。
慣れてくればランニングの1.7倍の消費カロリーを見込めるというデータもあるみたいです。
またこのエクササイズは下半身だけだと思われがちですが、軸がしっかり作っていないと真っ直ぐに上に飛べなかったりするので、知らず知らずのうちに体幹部の筋肉も使われていて、全身運動と言えるでしょう。

 

ただし、やはりいくら柔らかいマットの上でジャンプするといっても、関節にかかるストレスは普段の生活に比べればかなり高いと言えます。
また反発を利用して連続でジャンプするので、その間筋肉を緊張させておかなければなりません。
ふと油断した時に膝や脊柱を痛める可能性がありますので、慣れるまでは長時間(10分以上)行うのは控えた方がいいかもしれません。

 

また上下に激しく動くので、脂肪が多く付いてる方が行うと皮が伸びたり身体のラインが崩れたり、特に女性だとクーパー靭帯(胸が垂れないように支えている靭帯)が伸びたり切れたりして、胸が垂れ下がってしまう可能性があります。
このクーパー靭帯というのは一度伸びたり切れたりすると元に戻る事はないので、胸が下垂するのが気になる方は胸を強く縛って揺れないように心がけましょう。

 

③エアドラムエクササイズ

 

158492
こちらのエクササイズは音楽に合わせてドラムスティックを激しく振るのですが、立ったり座ったりとスクワットの動作も盛り込まれているため、かなり激しい全身運動となります。

 

ただこちらもトランポリンエクササイズと同様、激しく動くため、脂肪が多く付いている方や、胸が下垂するのが気になる方は控えた方が良いかもです。

 

また中腰でエクササイズを行うフェーズがあるので、腰痛持ちの方は気をつけた方がいいですね。
現に私のクライアントでエアドラムエクササイズに参加された方がいるのですが、体験時に動きなどの詳しい説明がなく、腰を痛めて帰ってきた方がいらっしゃいます。行う際は姿勢などの説明をしっかり聞いてくださいね。

 

最後に・・・

 

全てのエクササイズで言えるのは、やはりグループエクササイズは音楽に合わせ、仲間と共有出来るという部分でも継続しやすいと思います。
そう言った意味で効果が非常に出やすいですよね。
ただ、グループエクササイズの欠点は、やはり一人ひとりに丁寧にアプローチしにくいので、正しいフォームや適正な運動強度というのが伝えづらいという点にあります。

 

色々なエクササイズが出てきている中で、効果・楽しさ・怪我のリスクをそれぞれ加味して、自分自身に合ったものを探すのがいいですね。

 

是非自分に合ったエクササイズを見つけてみてください。

 

あっ!もちろんパーソナルトレーニングも是非受けてみてください!

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年04月12日

【目黒・プライベートジム・トータルダイエット】流行りのダイエット法のメリットデメリット

こんにちは。78kgからマイナス24kg のダイエットに成功したトータルダイエットカウンセラーの大西ひとみです。

 

炭水化物ダイエットは今やダイエットの主流になっていますよね。炭水化物はダイエットの敵というイメージが定着しつつありますが、炭水化物は本当にダイエットの敵なのでしょうか?今回は低タンスダイエットのメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。

beautiful slim brunette checking her weight on scales

「炭水化物を食べると太る」と考えられている理由とは?

炭水化物の含有量が多い食品は何故太るといわれているのでしょうか?

 

◎炭水化物が太る理由、その1

栄養素の中でカロリーとして存在するのが、三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)です。
「炭水化物」は1g4kcal、「脂質」は1g9kcal。脂質と比べると炭水化物のカロリーは半分以下なので、脂肪になりにくいと思いがちです。しかし炭水化物は、脂質やタンパク質よりも早く消化されやすく、摂取した炭水化物は約1時間以内に消費しないと、脂肪として蓄積されるといわれています。

 

◎炭水化物が太る理由、その2

炭水化物は脂質やタンパク質に比べ血糖値を急激に上昇させやすい食べ物が多い事から、太りやすいといわれます。
血糖値が急激に上昇すると、インスリンという血糖値を下げる役割を果たすホルモンが多く分泌されます。インスリンは食べ物を食べると必ず分泌されるホルモンで、分泌量が多いほど体内に脂肪として蓄積されやすいのです。

 

「炭水化物抜きダイエット」に関する近年の研究発表

近年、アメリカの専門家による研究の中に、炭水化物抜きダイエットをしても、ある一定の期間続けた場合、バランスよく食べた場合と比べてダイエット結果はほとんど変わらないという発表が多くされるようになってきました。
研究者の考え方によって賛否両論ありますし、私自身もカウンセリングをする際、体調やその人の体質などによって低炭水化物を勧めたり勧めなかったりすることがあります。

 

low carb

 

◉低炭水化物ダイエットのメリットとデメリット

<メリット>

短期的に結果を出したい時、普段から炭水化物ばかり食べがちな食生活をしている人には低炭水化物ダイエットの効果は劇的に現れるでしょう。

<デメリット>

長期的に低炭水化物ダイエットを行った場合が将来的にダイエットに苦労する身体になる可能性があること。

原因は女性ホルモン

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンと呼ばれるホルモンがあります。エストロゲンとプロゲステロンは女性にとって重要なホルモンです。エストロゲンとプロゲステロンは、絶妙なバランスを保ちながら身体を正常に保ったり、体重維持をしています。

ところが、30歳頃をピークにこれらの分泌量がどんどん低下して行くのが、低炭水化物ダイエットを続けていると太りやすくなる原因につながって行くのです。

女性ホルモンと炭水化物の深い関係

女性ホルモンの一つエストロゲンと炭水化物はダイエットにとても深い関係にあります。エストロゲンは女性の身体を様々な形で正常に保つ事以外に、血糖値を上げ、脂肪を蓄積させてしまうインスリンをコントロールする役割も果たしています。ところが、30歳頃からエストロゲンの分泌量が減り、更年期を迎えるとほとんど分泌されなくなってしまう事で、炭水化物を摂取するとインスリンが敏感に反応するようになってしまい、少量の炭水化物でも太りやすくなってしまうのです。

今だけを考えずに将来の自分のダイエットも考えて正しいダイエットの選択を

 

eatfood

低炭水化物ダイエットは必ずしもどんな時にも最適なダイエット法とは言えないかも知れません。

 

体型維持を長期的に望むのであれば低炭水化物ダイエット法は上手に取り入れるべきでしょう。本当に自分に合ったダイエット法を見つけたい方は是非お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年04月06日

【目黒・白金 プライベートジム】モチベーションを維持する

こんにちは。パーソナルトレーナーの伊藤大輔です。

東京の桜もだいぶ散り新緑のエネルギーで溢れて来ましたね。僕は桜の花はもちろん好きですが、この季節の新緑も好きです。何より暖かくなり半袖で過ごす時間が増えて来てすこーしずつ夏を感じ始めるからいいです。

beach002

そうです、夏が見えて来ています。薄着になる季節が近づいていますよ。水着の季節です。海の季節です。カラダは準備できていますか?

おそらく『まだ夏来ないでーッ』って思っている方も多いのではないでしょうか。『どうしよう。どうしよう。』と焦っていても何も変わりません。まだ間に合いますから今すぐにでも始めましょう!

 

ただ、本来であれば冬の時期からやっておかないといけない、もっと言えば季節関係なく年中やっているのが理想的ですが、中々やり続けるのって大変ですよね。でも間違いなく言えることは『継続は力なり』です。やらなければやらないだけ自分に返って来ます。でもやればやった分ちゃんとこれも自分に返って来ます。カラダは変身するようにあっという間に変わるものではありません。長い年月を掛けて作り上げて行くものです。今のカラダがあるのは今までのあなたの行動が作り上げたものです。ここから先のカラダを作るのはこれからのあなたの行動にかかっています。

しかし、長い年月掛けて作り上げていこうにも中々モチベーションが続いていかないと思います。今回は僕自身がどのようにモチベーションを維持しているのかと、僕がお客様にモチベーション維持のためにご案内している内容を一部書いて行きたいと思います。

 

まずは僕自身がボディメイクを行って行く上でどのようにモチベーション維持しているのかを書きたいと思います。

僕も自分自身でボディメイクを行っています。もちろん理想のカラダがあります。職業柄環境には恵まれているのでほぼ毎日トレーニングしています。ただ、環境に恵まれていただけでは毎日のようにトレーニングすることは難しいです。僕だってもちろん気持ちが乗らないときだってあります。数年前までの僕は気持ちが乗らないときはトレーニングやっていませんでした。ただ、トレーニングは続けていましたが、こう言ったやり方ではカラダが変わるわけもありません。

 

 

PIC000845

これは本格的にボディメイクのトレーニングを始める前の僕です。右は始めて半年ほどです。

見ようによっては何となく筋肉付いていて腹筋も割れていますが、これはただ細くて脂肪が付いていないから割れているだけです。僕は昔から細くてガリガリのカラダにコンプレックスを持っていました。だから理想の体はボディビルダーまでは行きませんがフィジーク選手のようなカラダです。

僕が本格的にボディメイクのトレーニングを始めたきっかけは、今では日本でもフィジークの大会やボディメイクの大会が行われています。『どうせやるなら大会に出て日本一になってやろう!』というのがきっかけでありモチベーションになっています。

僕の場合日本一がモチベーションになっていますが、これは何も日本一とかそんなものでなくても大丈夫です。大切なのはボディメイクの先を考えることです。ただただ痩せたい、カラダを大きくしたいと言った目的ではなくなぜそうしたいのか、痩せた先には何があるのかをしっかりと考える必要があります。僕の場合ボディメイクの先に日本一があり、さらにはその先にあるものもイメージしています。

ここまで書いてきましたが、いたってありきたりな事です。でもそのありきたりな事をいかに実行できるかが重要になってきます。

 

ここまではゴールを思い描いたモチベーション維持を書いてきましたが、次にもう少し身近なちょっとモチベーションが落ちたり、気持ちが乗り切らないときにどの様にモチベーションをあげて行くかを書きます。(ただ、僕個人的にモチベーションの上がる方法です)

  • 日本一をもう一度思う
  • 大会で負けた悔しさを思い出す(負けず嫌いなのでかなり有効。。。笑)
  • トレーニング仲間・ダイエット仲間を作る
  • トレーニング動画をみる
  • ボディメイクの優先順位を上位に持ってくる(一時的で構いません)
  • 理想のカラダの写真を見る(スマホやPCの待受にする)
  • 比較のため自分のカラダを定期的に撮る→比べる
  • 信頼できるトレーナーを見つける
  • スラムダンクを読む(特に山王戦)
  • ダンコたる決意をする

 

この辺のものは個人個人で色々あると思います。自分にあった方法を見つけることが成功の鍵となります。

04085_750

最後にもう一度言います。

今のカラダがあるのは今までのあなたの行動が作り上げたものです。ここから先のカラダを作るのはこれからのあなたの行動にかかっています。きっと理想とするものがあるはずです。思い描くカラダを作るための行動を心掛けていきましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PERSONAL TRAINING GYM B-BODY
http://personal-trainer.tokyo
TEL:070-6480-9546
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇